若柳流五世宗家家元 若柳吉蔵

家元の芸歴

若柳流三世宗家/若柳寿童 芸歴

  • [ 本名 ]
  • 竹内正次
  • [ 芸名 ]
  • 若柳寿童
  • [ 生年月日 ]
  • 大正10年8月11日生
  • [ 本籍 ]
  • 京都市伏見区桃山町養斉八番地の六
  • [ 現住所 ]
  • 京都市伏見区桃山町下野三八の一
  • [ 学歴 ]
  • 昭和二十年 日本大学芸術学部入学
    昭和二十一年 同学部を中退




  • 父、二世宗家若柳吉蔵に学び舞踊を研鑽、十六歳で吉正蔵を名乗る。
  • 昭和十九年父の亡後三世宗家を襲名、若柳吉蔵を名乗る。
    昭和四十五年若柳寿邦と改める。
    大阪新歌舞伎座、東京国立大劇場、東京歌舞伎座等において襲名披露公演はじめ流儀発展のため全国的に公演を華々しく催す。
    京都宮川町歌舞会の招聘により宮川町歌舞会の舞踊顧問に就任。
    昭和六十一年四月の第三十七回『京おどり』 より監修・振付け・演出を担当す。
  • チャリティ公演を国内と海外において次の通り行う
  • 【チャリティ公演の趣旨】
    チャリティ公演は国内に於いては日本舞踊の振興と発展の為、全国都道府県市などで開催、宗家の私財等を開催地の文化復興、または社会福祉へ寄附し、海外においては、日本舞踊の紹介を通して、日本への理解を深め、友好親善の輪をひろげるとともに、世界各国の代表都市の文化復興と社会福祉等に役立てる為、宗家の私財を各国へ寄贈し、チャリティ公演の目的の成就を期す。

[ 国内 ]


  • 昭和五十七年五月=香川県琴平町、国指定重要文化財『金毘羅大芝居』(金丸座)に於いて、日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。琴平町教育委員会へチャリティ寄金を寄贈す。昭和五十七年十月三十日 紺綬褒賞を受賞。琴平町長より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和五十八年十二月=青森市文化会館に於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    青森市へチャリティ寄金を寄贈す。
    青森市長より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和五十八年十二月=宮崎市民会館に於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    宮崎日日新聞社を通じて、宮日母子福祉事業団へチャリティ寄付を寄贈す。
    宮日母子福祉事業団より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和五十九年十月=大阪毎日ホールに於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    毎日新聞社を通じて毎日新聞大阪社会事業団へチャリティ寄付を寄贈す。
    毎日新聞・毎日新聞大阪社会事業団より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和六十年四月=岩手県民会館大ホールに於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    岩手県福祉基金へチャリティ寄付を寄贈す。
    岩手県知事より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和六十一年十二月=宮川町歌舞練場に於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    京都市教育委員会へチャリティ寄付を寄贈す。
    京都市教育委員会より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和六十二年十二月=札幌市教育文化会館大ホールに於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    北海道生活文化復興基金へチャリティ寄付を寄贈す。
    北海道生活文化復興基金より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和六十三年八月=徳島文化センターに於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    徳島市を通じて水と緑の基金としてチャリティ寄付を寄贈す。
    徳島市長より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和六十三年八月=高知県民文化ホール(オレンジ)に於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    高知県を通じて文化復興課へチャリティ寄付を寄贈す。
    高知県知事より感謝状を贈呈さる。

[ 海外 ]


  • 昭和五十七年七月=アメリカハワイ州ホノルル市マッキンレイ高校講堂に於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    ハワイ州へチャリティ寄付を寄贈す。
    ハワイ州政府(ジョージ・アリヨシ知事)より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和五十七年十二月=香港エリザベススタジアムに於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    香港日本領事館を通じて香港総督府へチャリティ寄付を寄贈す。
  • 昭和五十九年九月=アメリカシカゴ市オーディ・トリアムオペラ座に於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    シカゴ日本人会を通じシカゴ市へチャリティ寄付を寄贈す。
    シカゴ市長(ヘロルド・ワシントン市長)より感謝状を贈呈さる。
  • 昭和五十九年十二月=国際青年年にあたり日本伝統芸術を紹介のためイタリアローマ市ブァチカン宮殿ローマ法皇朝法皇謁見大ホールに於いて日本古典歌舞伎舞踊公演を開催。
    ローマ法皇より丁重な謝辞が寄せらる。
  • 昭和六十一年七月=韓国ソウル市文芸会館に於いて日本古典歌舞伎舞踊チャリティ公演を開催。
    韓国バレー協会会長(林聖男会長)へチャリティ寄付を寄贈す。
    韓国バレー協会会長より感謝状を贈呈さる。


  • 昭和六十三年十月若柳流宗家二代若柳寿童を襲名す。
  • 平成元年四月一日若柳寿童襲名披露パーティを行う。
  • 平成元年七月十七日 死亡。
  • 平成元年七月三十日故人の遺志により若柳寿童公演を大阪新歌舞伎座に於いて開催。




家元の舞台写真からデザインしました「あぶらとり紙」は、ご好評につき完成いたしました。誠にありがとうございます。
「若柳流宗家新舞台開き」 「そば屋の三つ面」サンプル
「熊本地震」で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます
犠牲となられた方々とご遺族には心からお悔やみ申し上げますとともに、一日も早く復興されますことを心よりお祈り申し上げます。